2018年2月23日金曜日

講師マインドとキングダムの蒙恬(もうてん)

こんばんは、高橋久美です。

黒澤先生の推奨図書のひとつに
『キングダム』という漫画があります。

秦の始皇帝が中華を統一するまでの
戦いのストーリーなのですが、
リーダーのマインドととか、教育、
精神ステージなど、いろいろ学べます。

今日は、その『キングダム』の最新刊を読んで、
気づいたことをシェアしたいと思います。
そんなにネタバレはないはず…!


主人公たちのいる秦軍は趙国に攻めこんでいて、
敵地にて一大決戦を繰り広げているところでした。

秦軍は、総大将の下に何人かの将軍がいて、
それぞれ軍隊として組織されています。

軍隊の中にも更にチームみたいなのがあり、
各リーダーは率いている兵士の人数によって
『千人将』とか『三千人将』などの称号を持っています。

主要キャラの1人の蒙恬(もうてん)は、
五千人の隊を率いる『五千人将』で『将軍』よりは格下です。

今回の戦いでは、蒙恬は総大将の指示通り、
陽動作戦の動きをしていましたが、
その先の自軍の動きも完ぺきに読んで
最高の形をつくるファインプレーを見せます。

押せ押せだった秦軍ですが、
味方の麻鉱将軍が相手の刺客に打たれ、
統制を失ってしまいました。

一気に逆転されるかと思われたとき、
蒙恬が登場!
「俺たちで麻鉱軍を復活させるんだ」
と言って指揮を取り、兵士を鼓舞し、
踏みとどまることに成功。

手柄が認められ、臨時の『将軍』に格上げされました。


このエピソードを読んで、
「これが黒澤先生の言ってたアレか!」
と、ひとつ繋がりました。

それは、セミナーに参加するときに、
自分が講師をやるつもりで準備するという
『講師マインド』です。

セミナーで話す中身を準備するだけでなく、
参加者の皆の状況を気にかけたり、
セミナー当日に向けて体調を整えたり、
良いイメージをしたり、
色々やることが増えます。

いち受講生だとしても、講師マインドを持つことで
参加した時に「講師の目線」で考えられます。

蒙恬が、自分もプレーヤーでありながら
将軍の目線で戦局を見渡していたように、
講師の目線でセミナーに参加すると
今まで気づかなかったことが見えてきます。


前回の『Origins(オリジンズ)』というセミナーでも、
私はこっそり講師マインドになってみてました。

案内ページにかかれていた内容を印刷して…

これはきっと、アレの話だろうなあ。
でも、黒澤先生のことだから当日の様子を見て
全部アドリブでしゃべるんだろうなあ。

場所があの会議室だから、きっとこんな光景かなあ。
みんな、何を聞きたいだろうなあ。

などと思いを巡らせて、参加しました。

そしたら、打ち合わせになかったのに
前に立たされてあいさつをすることになり、
だいぶ焦ったのですが(笑)、
なんとなくテーマに繋がる話ができたので良かったです。


みなさんも、社長はどう見ているか、とか
『将軍の目線』を意識してみてください。
大抜擢されるかもしれません。

あと、漫画喫茶とかで『キングダム』を見かけたら
ぜひ読んでみてください。
31巻からがめちゃ面白いです。(←長い、笑)

2018年2月22日木曜日

本気で将棋をやって得たもの

こんばんは、高橋久美です。

将棋の藤井聡太6段(2018.2月現在)が
すごいことになってますが、
実は私も将棋やってました。

中学で「運動は無理」と分かったので、
高校では文化部にしようとは思ってました。

「女子は出場すればすぐ全国大会だから、
遠征費で旅行に行けるよ」
と先輩に勧誘されて将棋部を見学。

一応ルールは知ってます、と言うと、
とりあえず一局指すことに。

(この先、将棋用語が出てきますが、
雰囲気なので分からなくても大丈夫です)

見よう見まねで玉を固め、
飛車先を伸ばします。

「うーん、金矢倉に似てるけど・・・」
A先輩は何やらブツブツ言って、
将棋はあっという間に負かされました。

2局目は、駒を並べた後で先輩は、
自陣の飛車角桂香を両手でバシッと
左右に除けました。
6枚落ちのハンデ戦です。

さすがに今度は勝てるだろうと思いましたが、
なんかいつの間にかボロボロ駒を取られて
詰まされてしまいます。

A先輩は実は県では名の知れた有段者で、
弟は奨励会員でした(今はプロ棋士)。


悔しくて、将棋部に入った私は、
学校の勉強はそっちのけで
将棋に没頭しました。

部活は週に1回しかなく、
当時は家にネットもなかったので
本を読むしかありません。

本屋で『駒落大全』を買ってきて
定跡(序盤の指し方)を丸暗記し、
授業中は『三手五手の詰将棋』です。

日曜日はテレビで将棋講座と
NHKトーナメントで勉強。


そして、次の部活の日、
6枚落ちでA先輩に勝利しました。
「勉強したろ?」
と言われ、バレたか、と思いました。

その後、大会に備えて
『立石流四間飛車』という定跡を
伝授してもらい、他の部員にも
たまに勝てるようになりました。

大会では女子が私だけだったので、
出場=優勝でしたが、
男子に混ぜてもらって将棋はできました。

有段者には敵わずでしたが、
立石流で何人かボコせたので
楽しかったです。


大学でも将棋部に入ったのですが、
いよいよ皆、有段者ばっかりです。
大会での私は、いつも皆に勝ち星を与える係でした。

ある大会の予選では、
いきなり優勝候補の有段者に当たってしまいました。

相手は『三間飛車』という戦型で来て、
私も同じ振り飛車等だったので、
一瞬、迷いました。

同じ戦型で相振り飛車にするか、
それとも、居飛車で対抗形にするか。

相振り飛車は、実力差があると一方的になります。
少しでも切り合いができるよう、
私は慣れない居飛車を選びました。

良いようにさばかれるか・・・
と思いきや、意外なチャンスがやってきました。
相手が油断したのかポカをして、
飛車(玉の次に強いキャラ)
がタダで取れてしまったのです。

周囲も気づいてギャラリーが集まり、
ざわつき始めます。

あ、勝てるかも。
と思いましたが、持ち前の
詰めの甘さを発揮して、
無事に逆転負けしました。

しかし、相手は顔を真赤にして
勝ったとは思えない表情です。

「よくがんばった」
「相手、詰んでたよ、
ベタベタ王手すればほら・・・」
ギャラリーは大盛り上がり。

結果は負けでしたが、
すごく清々しい思い出として
強い印象が残っています。


けっこう本気でやったけど、
特段の結果は出ず、
負けてばっかりが嫌になって
大学2年の途中でやめてしまった将棋。

今に何か活かせてるとしたら、
絶望的な状況でも必死にやってれば
チャンスが来ると信じられること。

それから、
自分よりレベルが上の人に食らいつく
「末っ子マインド+可愛がられスキル」ですかね。

みなさんが昔、熱中してたことは何ですか?
何かに繋がってるかもしれません。

2018年2月21日水曜日

闇を引き連れて行く。

こんばんは、高橋久美です。

今はほとんど治まりましたが、
以前は相当ひどい過食でした。

最初は全く自覚が無くて、
あれ、病気かも?と思ったのは
ルームメイトと一緒に暮らしていたときのことです。

ルームメイトは料理をする人で、
夕飯をいつも準備してくれていました。

帰宅時間が違うので、
ラップして冷蔵庫に入れてあるおかずを
取り出して食べるのですが、
おいしくて毎回、完食していました。

同棲開始からしばらく経ったある日、

「あのさー、いっつもおかず
2、3日分作り置きしてるんだよね。
足りないのかなあと思って、量増やしたけど、
作っても、作っても、全部食べられるから困る」

と言われてしまいました。

確かに多かったような…。
異常な量を食べてしまったらしいと気づきました。


そして、決定的な事件が起こりました。

ルームメイトが自分用に買ってきたプリンを、
冷蔵庫にずっと入れっぱなしにして
賞味期限を切らし、食べずに捨てており、

それを見た私が
「捨てるぐらいなら、くれればいいのに」
と言って号泣したのです。

いや、プリンぐらい買ってくれば
普通に自分で食べられるんですけど、
ずっと冷蔵庫で見ていた
「あのプリン」が謎に欲しかったんですよ。

思い返すとだいぶひどいですね。

食べ物への執着が明らかにおかしい、ということで、
自分の中で「過食」認定されました。


食べ物に関しては4歳のときの
鮮明な記憶が残っています。

母親がちょうど離乳食の妹に、
バナナとヨーグルトのベチャベチャなやつを
食べさせていました。

妹は抱っこされてご機嫌で、
母親もニコニコあやしています。

「わたしもちょーだい」
と言ってみましたが、
赤ちゃん用だからダメと言われ、
羨ましく眺めていました。


その後も下の子の方が
何かと手がかかるので、
私は親の気を引こうと必死でした。

よちよち歩きの妹を突き飛ばして
親を怒らせてみたり、
家出して心配させたり。

小学校以降は勉強を頑張ると
褒められることを知って
やたら成績は良くなりました。

別にネグレクトじゃないし、
ちゃんと愛情もかけてもらったのですが、
どうも妹に比べると
愛されてない気がしていました。


もう、今となっては
親の気を引いても仕方ありません。

黒澤先生の講座で色々勉強して、
自分が受け取っていなかったことにも
気づけました。

ちなみに過食は、
黒澤先生にも何回も相談してましたが、
「エネルギー上げましょう」
としか言われず。

結果、エネルギーが上がったら
いつの間にか治ってました。


今の私の目標のひとつには、

『愛情不足の子どもを世界から1人もいなくしたい』

という理想があります。

そんなことが可能なのか、
どうやって叶えられるのか、
すごく謎なんですけどね。

グレて非行に走る子ども、
親の期待に応え続ける子ども、
過食しまくる子ども、
etc.

愛情を表現する側も、
受け取る側も、
不器用で伝わらないのかもしれない。

親自身も傷を負っていて、
愛情不足なのかもしれない。

愛情ゾンビだらけな世界を、
どうにかして、なんとかしたい。

皆が愛を受け取れる方法を、
必死に考えています。


闇を経験したからこそ、
本気でやらなきゃいけないって
思えるんでしょうね。

闇も引き連れて進んでいけば、
光のパワーになってくれるはずです。

では、また。



2018年2月20日火曜日

人生を美しくする小さな習慣

こんばんは、高橋久美です。

私は段取りがどうも苦手で、
今朝もバタバタしていました。

いつも朝起きてすぐの習慣として、

・歯磨き
・コップ一杯の水を飲む
・瞑想とお祈りタイム
・デイリーシフト(※毎朝5時に届く黒澤先生の10分音声)を聞く

という習慣を行っています。

なのですが、
どうしてかこれだけの行程をするのに、
寝室・キッチン・洗面所までを3往復ぐらいしてしまうのです。


洗面所まで行ってから、
「あ、タオルがない」と、キッチンの物干しまで戻り、

水を飲みにキッチンに行ったら、
「あ、水がない」と、また洗面所の前を通って
廊下に置いてある水を取りに行き、

寝室に戻って瞑想しようと思ったら、
「あ、やっぱりトイレ行きたい」と洗面所に戻る…

みたいなドタバタが、
毎朝、繰り広げられています。

下手すると、途中で何か目について
違うことをおっ始めます。


これがですよ、もし黒澤師だったら
もうちょっと静かに、
無駄な動きなども無く、
スマートにこなしてそうじゃありませんか?

いや、家でどうしてるのかは
見たことないんですけど、
セミナーとかでもいつも
ゆったりというか、すーっと
余裕のある動きしてるんですよね。

一体、どうやってるのか…。


奇しくも、本日聞いた
デイリーシフト58番のテーマは

「小さな改善を積み重ねましょう」

というお話しでした。

そうか、改善が足りなかったのか!

そういえば、『奇跡の扉』でも、
壁にバンッ、バンッて
何回もぶつかり続ける虫の話がありました。

私は学習しないで
何回も壁にぶつかる虫だったのです!


というわけで思い立って、
明朝の作戦を考えてみました。

まず、いつも何も考えないで
ウロウロするから、
無駄な動きが多いんだと思います。

毎朝やることは同じなんだから、
動線を决めておいたらいいのかも。


寝室からキッチンを通って
洗面所にいく途中に、
新しいタオルを持っていく
歯磨きをする
トイレも入っとく
もどるときに新しい水を
1本持って帰る


今までウロウロしてたのが、
たった1往復で事足りるとは…!

よし、明日からこれで行こう。
 
・・・

いやいや、ちょっと待った―っ!
 
朝の寝ぼけてるときに、
そんな高度な動きが
果たして可能なのか?

いや、「できない」から
逆算したらダメなんですけど、
人には向き・不向き・限界があります。

そんな神がかった動きが
寝起きの高橋にできるかどうかは
極めて疑わしいところです。

もうちょっとだけ、
負荷を下げましょう。


事前準備として、

・新しいタオルは最初から
 洗面所にストックしておく

・キッチンには、常時、
 水を2本置いておく


こうしておけば、
忘れ物の心配はありません!

明日どうなるか楽しみです。


こういう小さな改善が
積み重なって進化していくんですね!


って、偉そうに書いてて思い出したんですが、
昔、これまた黒澤師から

「未来の自分が楽になるように先回りしてやってあげましょう」

って教わってました・・・。
全然、先回りしてあげてなかったー!!

で、先回りするためには

「未来に上手くいっているところをイメージしましょう」

だったはず。
全然、イメージしてなかった―!!


黒澤先生の教えって、
大人になってからの筋肉痛みたいに、
忘れた頃に効いてくるんですよね。

聞いたそのときは「ふーん」って
覚えた気になってても、
ぜんぜん出来てなかったー!!
って2年後ぐらいに気づくという。

たぶん、
必要なことは既に全部教わっていて、
あとは使うだけなんですよね。

教わったことを1個ずつ使って、
小さな改善を積み重ねるのを習慣にして、
毎日、1ミリでも成長できたらと思います。


黒澤先生の音声セミナーとかは、
時間を空けてもう一回聞いてみると
忘れてたことを思い出したり、
成長して新しく気づけたりします。

何回も聞くのオススメです。


では、また☆彡

2018年2月19日月曜日

これだけでいい――いまここにある原点

こんばんは、高橋久美です。
 
羽生結弦がオリンピックで
金メダルを取ったと聞き、
YouTubeで演技とインタビューを
こっそり見ました。
 
子どもの頃からずっと
スケートに人生をかけてきたこと、
怪我や病気からも学んだこと…。
一言の重みがすごいです。

中でも、印象に残ったのが、

「スケートだけでいい」

という言葉です。

これだけでいい、
これだけで本当に幸せってことは
きっと誰でも持っているのに、

私も含めて多くの人は

「もっとすごい人がいるから」
「自分には才能がないから」

なんて理由をつけてやめてしまうんですよね。


っていうのは、昨日の黒澤セミナー
『Origins(オリジンズ)』
からの受け売りでした(笑)。

何もかも忘れて熱中できたこと、
時間やお金を一番注いできたこと等、
エネルギーをかけてきたことに
才能が隠れているかもしれません。

自分の原点とは、
「いまここ」にある本当の自分、
心の奥のピュアなところ、
透明あるいは金色に輝くもの。

やりたいことの優先順位を决めて、
一番のものに全部のエネルギーを注げば
すごいパワーが出ます。

「これだけでいい」と思えるものに
関係することだけを人生に入れて、
他は一切捨ててしまえば成長は早い。

でも、それは結果的に
色んな願いを同時に叶えることにもなる
…らしいです。


今回のセミナーにも、
全国からご参加いただきました。
九州、兵庫、大阪、京都、
石川、新潟、東京、青森、
もちろん仙台からも。

「どうしてこのような怪しいセミナーに
来ようと思ったのですか?」
と、皆さんに聞いてみました(笑)

友達に「あんたは本質を見抜く力がない」と言われて、
"本質を見抜く力"で検索したら
GLOBOを見つけました、という方。

人生ですごい挫折を味わって、
セルフイメージを変えたいと思って
ネットでいろいろ見てたら、
GLOBOがなぜかしっくりきて
今回、セミナーとか始めてだけど
思い切って来てみました!という方。

GLOBOは1記事しか読んでなくて、
正直、何だったか忘れちゃったけど
黒澤先生のメールマガジンに出会えて
本当に良かったです、という方。

お話を聞かせていただいて、私は、
「ああ、これだけでいいな」と思いました。

ブログを読んでくださった方に
大きな気付きがあったり、
行動する勇気が出たり、
ほんの少し気持ちが上を向いたり、
それが嬉しくてやってるんだなあ、と。


すごい作家さんやライターさんと比べたら、
私なんか鼻くそみたいなもんですが
でも、他にすごい人がいることは、
私がブログを書かない理由にはなりません。

実際に私でお役に立てる人がいて、
私にはブログを書く能力とパソコンとWi-Fi環境がある。

そして、読者さんに喜んでもらえることは、
本当に嬉しい。

書く理由は、これで十分です。


すごく集中して書いている最中には、
いろんな思考が消えて、
「ただ、書いている」
という感覚になることがあります。

自分の思考ではないような、
書かされているような、
時間が止まっているような。

明鏡止水って、きっとこんな心境じゃないかと思うような。

たぶん、それが「本当の自分」
なのかなと思います。


みなさんにも「これだけでいい」
っていう原点を思い出して、

大事にしていただけたらうれしいです。

金メダルはもらえないかもしれないけど、
「やりきった」っていう充実感は
同じぐらい感じられるはず!

2018年2月18日日曜日

方向性と全体性、「考える」と「悩む」の違い。

こんばんは、高橋久美です。

「深く考える」をテーマとした記事が
一昨日から昨日にかけて同時多発的に
FacebookやTwitterでシェアされ、
何かテーマのような気がしました。

というわけで、こちらでも
「考える」を考えてみたいと思います。


さて、
1人でぐるぐる考えているときって、
なんか悩みが深くなる方に
どんどんネガティブになっちゃうことって
ありませんか?

私はしょっちゅうあります。

どうして自分はこんなに仕事できないんだろう、
ああで、こうで、うぇぇ!!みたいな。

でも、黒澤先生としゃべってるときは
なぜかいろんなアイディアが出てきて
ポジティブな方向に考えられます。


ポジティブに考えられるときと、
悩みに突っ込んでいってしまうときは
一体何が違うんでしょうか。

たぶん、理由は2つあります。

1つは、「問い」の方向性が違います。

悩んでしまう時は、
「どうして自分はダメなんだろう」
のように、原因を探しています。

つまり、時間軸が過去の方向に向いています。

「今がダメ」からスタートして
過去に向かっているだけなので、
新しいアイディアは出ませんね。

その上、考えれば考えるほど
今のダメさを証明するだけなので
どんどんネガティブになります。

ポジティブに考えられるときは、
「どうしたら上手くいくかな」
と、手段を探します。

上手くいっている未来の地点に向かっているんですね。

見ているのは、時間軸の未来の方向です。

上手くいく前提で考えるので、
なんとなく良い気分にもなります。

悩むときは過去を向いている、
考えるときは未来を向いている、
そんな方向性の違いが1つあるかと思います。


二つ目は、全体性があるかどうかの違いです。

私が1人で悩んでいるときって、
まず自分のことしか考えてません。

自分のことを考えちゃダメってことはないですが、
自分のことだけ考えるよりも
みんなと自分を含んだ全体考える方が、
なんかアイディアが出やすいみたいです。

たとえば、こういうブログのネタとかも、
「何書こうかな〜」って思ってると
何を書いていいか分からなくなりますが、

「どうしたら皆の役に立てるかな」
って考えると、そう言えば誰々さんが
あんな話してたなあとか、繋がるんですね。

皆のことを意識に上げると、
皆の意識から応援してもらえるような感じがします。

黒澤先生は全体性を含んだことしか
しゃべらないので、
セミナーとか音声を聞いた後は
繋がりやすくなるかもしれません。


まとまると、

1 未来に上手くいく前提で、手段を探す(今こうなってる原因を過去に探さない)

2 意識に「みんな」を入れて全体性を含める(自分のためだけに悩まない)

悩まず考えるのに、試してみてください!

2018年2月17日土曜日

すべてを手に入れる方法

こんばんは、高橋久美です。

好きな言葉に、
武士は食わねど高楊枝
ということわざがあります。

たとえ貧しい境遇にあっても、
貧しさを表に出さず気高く生きる。
それは1つの美学です。

私もそうありたいと、
最近、思うようになりました。

お金的には貧しくないし、
裕福な方が良いと思いますが(笑)、
心の面も含めて「大変さ」みたいなものを
表に出さないようにしたいなあ、と。


江戸時代の武士は、
今で言う公務員でした。

農民たちから取り立てた年貢や
商人たちからの税金で暮らす、
「士農工商」で一番上の身分です。

しかし、いざ戦いとなれば
地域の人々を守るために
一番に命を張ります。

支配階級たるもの、誰よりも
優れた人間性を持たなければいけない。

自分の命は自分のためではなく
他者のために使うもの。

武士道って、そんなリーダーの
マインドセットが感じられます。


私はずっと、武士道とは全く逆をやってきました。

「こんなに大変なんです」
って周りの人にアピールして、
助けてもらおうとする側でした。

微妙に心配をかけるような言動をしたり、
大変っぽい雰囲気を見せたり、
人の気を引こうとしてしまうんですね。

気を引くというのは、
相手のエネルギーを盗むこと。
エナジーバンパイアです。

せっかく黒澤先生に対面で相談するときも、
「あれが大変で、これも大変で…」
と、自分が大変なんです!アピールで
だいぶ黒澤先生を無駄遣い(?)
してしまいました。

普通は、というか、
リーダーを自覚している人たちは、
黒澤先生に自分の悩みは全く話さないで
人のことばかり話すそうです。

どうしたら、お客さんがよくなるか。
コミュニティメンバーが成長できるか。
世の中を変えていけるか。

そんな風に、人のことで悩んでいる人は
結果、うまくいっているそうです。


去年の黒澤先生の講座で、
「もらう側」から「与える側」に変わりましょう
と言われました。

全てを手に入れる方法とは、
何も所有しないこと。

自分がリーダーになって、
周りの人を豊かにし、成功させると
エネルギーが集まってくる、とのこと。

去年の講座にある農業法人の
経営者の方が参加されていたのですが、
こういう人がリーダーなんだなあと
お手本を示してくれる素晴らしい方でした。

事業には億単位の負債があって従業員も大勢抱え、
去年は早く雪が降って野菜がダメになったり、
すごく大変な状況だったようです。

でも、大変な素振りは見せず
いつもニコニコ笑顔で、
皆に野菜を持ってきてくれたり、
いるだけで安心感があるような、
存在が「リーダー」という雰囲気でした。

もしかしたら、今は
「食わねど高楊枝」かもしれませんが、
絶対に成功する人という確信があります。


明日は、待ちに待った黒澤先生の講座
「Origins(オリジンズ)」です!

私も、瞬間、瞬間、「与える」側で
盛り上げていきたいなと思います。

ご参加される方も、されない方も、
ちょっぴりリーダーマインドで
周りの人を盛り上げていただけたらうれしいです。